トクトクきっぷ

往復+

フリー

【e5489専用】やまぐち幕末ISHINきっぷ
(2019年10月1日発売分から)

1ヶ月前から3日前まで発売 2名様以上 e5489

この商品の発売期間には制限があります。

2019年9月30日までの発売分とおねだんや払いもどし手数料が異なります。

JR西日本ネット予約「e5489」でのみ発売いたします。駅、旅行会社、電話予約等での発売はいたしません。

e5489について、詳しくはJR西日本ホームページ「JRおでかけネット」内の「e5489ご利用ガイド」ページをご覧ください(トップページ>予約>e5489ご利用ガイド)。

山口自由周遊区間までの往復新幹線普通車指定席と、自由周遊区間内のJR線(特急・普通列車普通車自由席)、指定された路線バス3日間乗り放題と観光施設入場券がセットになった往復+フリータイプのきっぷです。ご利用開始日の1ヶ月前~3日前まで発売します。

JR西日本ネット予約「e5489」で発売します。駅のみどりの窓口、電話予約等での発売はいたしません。

発売期間・ご利用期間

発売期間

2019年10月1日~2020年3月28日

乗車日の1ヶ月前から3日前までの発売となります。

※「e5489(駅支払い、コンビニ・金融機関支払い)」の場合、この他に定めるお支払い期限がございます。

  詳しくは、JR西日本ホームページ「JRおでかけネット」内の「e5489ご利用ガイド」ページをご覧ください

  (トップページ>予約>e5489ご利用ガイド)。

ご利用期間

2019年10月4日~2020年4月2日

※2020年3月31日ご利用開始分まで発売します。

ご購入の前に、ご利用の条件に関する以下の内容を必ずお読みください。

おねだん

発売箇所

インターネット予約

・きっぷのお受け取りは、「5489サービス」の表示のある出発地周辺のJR西日本の「みどりの券売機」「みどりの受取機」「みどりの窓口」で有効期間開始日当日まで可能です。
・e5489のご利用時間や予約したきっぷのお受け取りに必要なものなど詳しくは「e5489ご利用ガイド」ページをご覧ください。
・駅、旅行会社、電話予約での発売はいたしません。

ご案内

発売条件

【発売単位】

2名様以上でお申込み下さい。同一行程でご旅行される場合に限り発売します。

 ※異なる発地を組み合わせての予約・購入はできません。

 ※こどものみのご利用はできません。「こども」用は「おとな」と同一行程でご旅行される場合に限り発売します。


【他の割引との重複適用】

乗継割引の適用や各種割引証による割引の取扱いはいたしません。


【その他】

ご購入にはJ-WESTネット会員登録が必要です。

e5489でのお申込み方法、お支払い方法やお受け取り方法について詳しくは、JR西日本ホームページ「JRおでかけネット」内の「e5489ご利用ガイド」ページをご覧ください。

きっぷの効力

【券片の使用方】

「ゆき」券は未使用の「かえり」券を伴っている場合に限り有効です。

発着地~新岩国・徳山・新山口・厚狭・新下関駅間の山陽新幹線(自由にお選びください(往路の新幹線降車駅と復路の新幹線乗車駅は異なる駅を利用可能))は、新幹線普通車指定席または普通車自由席がご利用になれます。

  ※新岩国駅は山口自由周遊区間に含まれておりませんが別途特急券を購入いただくと新岩国~山口

   自由周遊区間の駅を新幹線で利用いただけます。ただし、新岩国~岩国間の交通費は別途必要です。

京都市内発の新幹線のご利用は新大阪駅から(まで)です。新大阪駅まで(から)は、普通列車(快速・新快速含む)普通車自由席をご利用ください。※乗車整理券・ライナー券が必要な設備または列車に乗車する場合は、別途料金が必要です。

博多発は自由周遊区間まで(から)新幹線をご利用ください(特急・普通列車はご利用になれません)。

「かえり」券で自由周遊区間内のJR線(特急列車・普通列車の普通車自由席)、路線バスを有効期間内に限り自由に乗り降りできるほか、観光施設をご利用いただけます。ご利用される際、「かえり」券をご提示ください。


  【ご利用になれる観光施設】

   ・萩・明倫学舎(2号館) 1回に限る ※「かえり」券を受付でご提示の上、入場券をお受取りください。

   ・萩城跡(指月公園)


  【ご利用になれる交通機関】(乗車できる路線については別紙参照)

   ・中国ジェイアールバス

   ・防長バス

   ・スーパーはぎ号

   ・萩循環まぁーるバス

山口自由周遊区間内の徳山・新山口・厚狭・新下関間を新幹線で利用される場合、別途特急券が必要です。購入した特急券と「かえり券」を有人改札でご提示ください(自動改札はご利用いただけません)。

※新岩国駅は山口自由周遊区間に含まれておりませんが別途特急券を購入いただくと新岩国~山口自由周遊区間の駅を新幹線でご利用いただけす。ただし、新岩国~岩国間の交通費は別途必要です。

きっぷは必ずお受け取りのうえご利用ください(お受け取り期限は有効期間開始日までです)。受け取らずにご乗車された場合、別途、乗車区間に必要な運賃・料金をお支払いいただきます。


【途中下車の取扱い】

山口自由周遊区間以外で途中下車された場合は前途の区間は無効となります。


【その他】

路線バスの詳しいご案内は各バス会社におたずねください。

   〔中国JRバスお客様センター〕0570-010-666

   〔防長交通〕083-973-5900

   〔萩循環まぁーるバス〕0838-22-3811(防長交通萩営業所)

「やまぐち幕末ISHINきっぷ」ご利用のお客様に以下の対象施設にて特典をご提供しております。

  ・金子みすヾ記念館

  ・秋芳洞

  ・湯田温泉 観光回遊拠点施設「狐の足あと」

  ・うめてらす(防府市まちの駅)

  ・いわくにバス、防長バス

 特典内容等、詳しくは、「その他のご案内・関連情報(別紙)」にてご確認ください。

座席の指定

【指定券の交付】

きっぷ予約時にお客様自らの携帯電話等の操作で座席をご指定いただけます。

ご乗車になる列車が未定の場合できっぷの受取後は、出発地周辺および山口自由周遊区間内の駅のみどりの窓口で取扱います。


【希望列車が満席の場合の取り扱い】

【座席の指定を受けなかった場合または指定列車の出発時刻以前に他の列車で旅行開始した場合】

利用できる対象列車の普通車自由席に乗車できます。ただし、乗車後車内において空席があり、運輸上支障がないと認められる場合は、普通車指定席に乗車できます。

車内において普通車指定席に乗車できなかった場合でも、指定席と自由席との差額の払いもどしはいたしません。


【指定列車に乗り遅れた場合】

きっぷの有効期間内は乗車券部分のみ有効となり、特急列車等に乗車する場合は別に特急券等該当する料金券の購入が必要です。

ただし、指定券に表示された乗車日の当日に限って、利用できる対象列車の普通車自由席に乗車できます。

変更の取り扱い

【使用開始前の取扱い】

①きっぷの受け取り前の場合

予約されている行程で最初に出発する指定列車の出発時刻前(座席を指定していない場合、または予約されている行程で最初に出発する指定列車が有効期間開始日翌日以降に出発する場合は、有効期間開始日当日のe5489での予約・変更・払いもどし可能時間まで)かつ初回予約から3ヶ月後の同一日の前日(3ヶ月後に同一日が無い場合は、3ヶ月後の末日)までの有効期間開始日であり、取扱いできる範囲内であれば、e5489にて有効期間開始日、券種間、利用区間、指定列車の変更ができます。ただし、e5489での指定席の予約・追加・変更が可能な操作回数は、予約1件につき計28回(1列車分の予約・追加・変更について1回カウント)までで、28回を超えて指定席を追加・変更することはできません。

駅支払い、コンビニ・金融機関等支払いを選択された場合は有効期間開始日、券種間、利用区間の変更はできません。


②きっぷの受け取り後の場合

お客様自らの操作では変更できません。きっぷの受取箇所で取扱います。

有効期間開始日の変更は、申し出のあった時点において取扱いできる範囲内で1回に限り変更できます。

券種間及び利用区間の変更は、取扱いできる範囲内であれば、1回に限り変更できます。

指定列車の変更は、指定列車の出発時刻前で1回に限り、有効期間内に出発する発売可能な他の列車へ変更できます。

他の乗車券類への変更はいたしません。いったん払いもどしのうえ、あらためてご希望のきっぷをお求めください。


【使用開始後の取扱い】

乗り越し、方向変更、経路変更などの区間変更の取扱いはできません。別途乗車として取扱います。

その他

【神姫ゾーンについて】

神姫ゾーンに含まれる駅は、JR神戸線立花~姫路の各駅、和田岬線和田岬駅および山陽新幹線新神戸・西明石・姫路駅です。

神姫ゾーン内のいずれの駅でも乗降できます。(ゾーン内での自由周遊はできません。途中下車した場合は前途無効となります。※)

新幹線への乗換駅は、新神戸・西明石・姫路駅のいずれかの駅です。

 ※新神戸~三ノ宮、元町、神戸または新長田駅間を乗り継ぐ場合は、当日に乗り継ぐ場合に限り、

   新神戸、三ノ宮、元町、神戸または新長田駅で途中出場ができます。ただし、地下鉄等を利用した場合の

   料金は別途お客様負担となります。

払いもどし

きっぷの払いもどしには手数料がかかります。下の[詳細]からご確認ください。
※運行不能・遅延時の取り扱いについても下の「詳細」からご覧ください。