ここからが本文です。

上手に使おう!トクトクきっぷ 特別なご利用条件(区間、列車や利用期間など)のもと、格安でご利用いただくことができる割引きっぷです。

往復+フリー

【e5489専用】松山・広島割引きっぷ
(2018年4月1日ご利用開始分から) の払いもどしについて

使用開始前の払いもどし

<きっぷの受取前の場合>

予約されている行程で一番初めに出発する指定列車の出発時刻前(指定列車を指定していない場合は有効期間開始日当日の「e5489」予約・変更・払いもどし可能時間まで)までであれば、e5489(お客様自らの携帯電話・スマートフォン・パソコンの操作)にて払いもどしすることができます。この場合の1名様あたりの手数料は以下の通りです。

[手数料]=(A)+(B)

 (A)乗車券部分:220円

 (B)料金券部分:330円×2=660円

※きっぷの受取前の場合でも、予約されている行程で一番初めに出発する指定列車の出発時刻を過ぎた場合は<きっぷの受取後の場合>の払いもどしとなりますe5489では払いもどしができませんので、指定列車の当日であれば、きっぷをお受け取りいただいた上で、出発地周辺のJR西日本の駅のみどりの窓口で取扱います。


<きっぷの受取後の場合>

e5489(お客様自らの携帯電話・スマートフォン・パソコンの操作)から払いもどしはできません。

未使用(ゆき券、かえり券、スーパージェット引換券ともに)で有効期間内に限り、出発地周辺のJR西日本のみどりの窓口にて取扱います。この場合の1名様あたりの手数料は以下のとおりです。

[手数料]=(A)+(B)

 (A)乗車券部分:220円

 (B)料金券部分

  ○指定券未発行券片(券片毎):330円

  ○指定券発行券片(指定券毎)

   ・出発する日の2日前まで:330円

   ・出発する日の前日から原指定券の出発時刻まで:無割引の料金×30%(ただし、最低330円)

   ・原指定券の出発時刻以降:券片毎の料金券部分全額

※券片毎の料金券部分が330円に満たない場合の手数料は、その料金券部分全額とします。

※改札口を出ないで2列車以上を乗り継ぐ場合に1列車とみなして特急料金等を計算する区間において、指定券毎に手数料を算出する際には、1枚の指定券として計算します。

使用開始後の払いもどし

「ゆき」券は、使用を開始された後の払いもどしはいたしません。

「かえり」券が未使用で有効期間内に限り、発売額から「ゆき」券の設定区間に対する片道の無割引の運賃・料金及び次に定める手数料のうち該当するものの合計額を差し引いた額を発売箇所で払いもどします。ただし、「ゆき」券の設定区間に対する無割引の運賃・料金及び手数料の合計額が発売額をこえる場合は、払いもどしをいたしません。

[手数料]=(A)+(B)

 (A)乗車券部分:220円

 (B)料金券部分(「かえり」券に該当する手数料の合計)

  ○指定券未発行券片(券片毎):330円

  ○指定券発行券片(指定券毎)

   ・出発する日の2日前まで:330円

   ・出発する日の前日から原指定券の出発時刻まで:無割引の料金×30%(ただし、最低330円)

   ・原指定券の出発時刻以降:券片毎の料金券部分全額

※指定席タイプで、券片毎の料金券部分が330円に満たない場合の手数料は、その料金券部分全額とします。

※上記に加え、引換券の有無に関わらず、「スーパージェット引換券」相当額(おとな2,060円、こども1,030円)を差し引いた額の払いもどしとなります。

運行不能および遅延などによる払いもどし

無割引の運賃・料金をお支払いいただいているものとして、旅客営業規則の定めにより、発売額を限度として、発売箇所または着駅等で払いもどしをいたします(着駅が他社線内となるトクトクきっぷの場合は、発売箇所で払いもどしをいたします)。

払いもどしの期限は、払いもどしの事由が発生した日の翌日から起算して1年以内です。

スーパージェットの遅延による払いもどしは行いません。ただし、スーパージェットが台風・天候不良等の理由により欠航し、旅行継続が困難と判断される場合は、出発駅まで無賃送還のうえ、発売箇所にて全額払い戻しを受けていただくことができます。

ページトップへ