ここからが本文です。

上手に使おう!トクトクきっぷ 特別なご利用条件(区間、列車や利用期間など)のもと、格安でご利用いただくことができる割引きっぷです。

回数券

九州新幹線2枚きっぷ
の払いもどしについて

使用開始前の払いもどし

(使用開始前の払いもどし(指定列車発車前))

有効期間内または有効期間の開始日までで、2券片が1冊単位での発売と確認できた場合に限り、(発売額-440円=払いもどし額)の計算により払いもどします。

(使用開始前の払いもどし(指定列車発後))

有効期間内または有効期間の開始日までで、2券片が1冊単位での発売と確認できた場合に限ります。

※1券片指定列車出発後

発売額-出発列車の自由席特急料金-440円=払いもどし額

※2券片とも指定列車出発後

発売額-出発列車の自由席特急料金×2-220円=払いもどし額

使用開始後の払いもどし

2券片のうちのいずれか1方が未使用で、指定列車出発前に限り別に定める払いもどし額を払いもどします。

ただし、指定列車出発後は、次により計算した額を払いもどしします。

 発売額-1枚あたりの所定運賃-「(1)券片」「(2)券片」2枚分の自由席特急料金-220円=払いもどし額

 ※ただし、いずれの場合も、払いもどし額が100円未満となる場合(マイナスとなる場合を含む)は、100円を払いもどします。(小児の場合、50円未満の場合は50円を払いもどします。)

運行不能および遅延などによる払いもどし

旅行開始前は1枚あたりの発売額を限度として発売箇所、着駅等で払いもどしします。

旅行開始後は別に定める発売額内訳欄(1券片あたりの割引の運賃・特急料金相当額。以下、「内訳欄」という。)の運賃及び特急料金相当額を払いもどしします。

 <途中駅で旅行中止>

  ・運賃は、中止駅から着駅までの無割引の運賃を払いもどし(ただし、内訳欄の運賃相当額を限度)

  ・料金は、内訳欄の特急料金相当額を限度に払いもどし

  ※特急列車を2個以上利用可能な区間については、1個列車ごとに払いもどしの有無を判断します。この場合、1個列車のみ払いもどしの対象となるときは、特急料金相当額を限度に無割引の自由席特急料金を払いもどしします。

 <遅延の場合>

  ・乗車している特急列車が2時間以上遅延した場合、内訳欄の特急料金相当額(特払額)を払いもどします。特急列車を2個以上利用可能な区間については、1個列車ごとに2時間以上遅延の有無を判断し、2時間以上遅延した列車のみに特払額を限度に無割引の自由席特急料金を払いもどします。

※別に定める発売額内訳欄の額についての詳細は、駅係員におたずねください。

その他

(取扱箇所)

払いもどしは、全券片未使用で有効期間内及び有効期間開始日までに限り、発売箇所で取扱います。

ページトップへ